三代目キャバリア クック参上

☆ お空の上にいる、勇気からのクリスマスプレゼント ☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型犬に襲われて..

                 菅平高原行き 1日目

    最後のヘアピンカーブを曲がって、激坂を上がり、懐かしいチロルに到着。
    元気兄さんは数え切れない、勇気はたった1回、クックは4回目のチロル。

 着いたぞー
                         【記事の続きは、追記を開閉してね】

    少し休んだら、牧場辺りまで、お散歩へ行こうねって、気楽に思っていた。

 早く行きたいな

         恐ろしい出来事があった後、オーナーと一緒にお散歩へ~

        怖かったね

      スキーシーズンは、スロープになる斜面に、放牧中の牛の群れ 

 DSC00296_20120801222833.jpg

       クックが、歩きたいよって、ピィーピィー鳴く度に、牛達がガン見~

 見ているよ

 

 D知らん振り

      牧場から、そそくさと戻って、もう少しだけ、ご近所のお散歩へ~♪

 DSC00300_20120801223045.jpg

             あれまぁ~、枯れ草の上に、3回目のウンP..

 DSC00301.jpg

   東京トラック事業厚生基金の保養所前で、雷が鳴ったので、慌ててUターン。

 さぁ~逃げろ

     チロルのドックランは、雑草ボウボウだったので、遊ばせられなかった。

 DSC00303_20120801223041.jpg

   雷の音に怯え、トイレに避難していたら、後ろ足をばたつかせて、暴れ始めた。
  こんな事は、初めてだったので、どうして良いか分からず、ただ体をさするのみ..

 お~い

   息はゼェゼェ荒く、歯茎は血の気を失い、舌はチアノーゼ、体が硬直していた。
   扇風機を借りて来て、風を当てながら、体をさすり続けたら、落ち着いて来た。
     
 大丈夫かな

    暫く、様子を見て、おやつを上げてみたら、全部食べたので、ほっと一安心。

 食べたぞー

        以前から、変な行動があって、それが気になっていたけれど..
        あくまでも、私が感じた事..脊髄空洞症の発作かもしれない。

 検査をしよう

      標高1500mに吹く風は、身体に染み入るほどの、爽やかな涼風~。

 袋はパンパンだけれど

    お昼寝の後、晩ご飯を食べさせたら、完食したので、もう大丈夫かな..と。

 と思う

       7時頃、リビングへ行ったら、ボ○ゾイの飼い主達の姿がなかった。

 避けたな

           楽しいはずの夕食時も、気分は落ち込んだまま..

 この他にサラダとカルパッチョ

         私の写真は、要らないって言ったのに、撮られちゃった。

 グチャグチャだし

     隣りのテーブルにいた、チワワにも、ゴールデンにも、全く興味を示さず。

 挨拶したくないも~ん

        クックは、私を守ろうと、いつにも増して、体を密着させていた。

 ボクがいるから..ね

    夕食を終えて、部屋に戻ったら、頭上にある鏡を、やたらに気にしていた。

 何かいるぞー

     何となく、誰かの気配を感じていたけれど、やっぱり来ていたのかも..

 お空の住人達

     キティちゃんを敷いてあげたのに、鏡の下から、離れようとしなかった。

 ここにいろって

  お散歩へ行こうと、外に出たら、同宿のボ○ゾイが、飼い主さんと立っていた。
  一緒に牧場へ行こうと言う事になって、クックが近づいて行ったら....
  そのボ○ゾイが、いきなり「ウーッガゥー」って唸りだし、クックに襲いかかった。
  
  チョー大型犬のボ○ゾイに噛まれたら、命を落としかねない。  
  ボ○ゾイから、クックを引き離そうとした瞬間、飼い主がリードを引っ張った。
  その瞬間、私の体が宙に浮き、ボ○ゾイの上に乗って、左肘を道路に打ち付け..
  体を捻って、次は右肘を道路に打ち付け、最後は後頭部を打ち付けた。
  
  道路に転がっていた、私を心配して、クックが必死で慰めてくれたけれど..
  ボ○ゾイの飼い主からは、怪我の心配も、気遣いの言葉も、謝罪の言葉もなし。
  後頭部を打ったショックと、右肘の打撲が痛くて、立てない私をただ見ているだけ。
  傷も確認しないし、言葉の端々から、自分の犬は悪くないと感情が出ていた。

  何かあった時の連絡先を教えて欲しいと言ったら..
  それは、オーナーが知っているから、聞いてくれ~だって。
  普通、そう言う事は、自分から言うべき事..飼い主のオッサンおかしい。
      
  夕食時も、何処かへ行ったらしく、顔を見せる事はなかった。
  大の男が、雲隠れするなんて、一度も誤らないなんて、最低最悪のオッサン。

  ボ○ゾイの飼い主に対して、強気に出られないオーナーにも、幻滅を感じた..
  最初のオーナーから、16年間続いた、チロルへのお泊まりも、これでお終いかも。

  道路に打ち付けた後頭部は、両肘が支えとなり、軽めだったので大丈夫みたい。
  でも、クックの大型犬に対するトラウマが、再び復活してしまった..
  やっと、薄らいで来ていたのに、心に受けた傷を、どうしてくれるのよ~!!

オッサンの方が金になる


  

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

クックまま

Author:クックまま
勇気が、サンタクロースに託した   やんちゃでハチャメチャなクック
2007年9月18日生 7歳です!

クックは、いくつになったの?

  ☆やんちゃなクックも            7歳の誕生日を迎えました☆

キャバリアランキング

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

人気ブログランキング

              人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキングへ

インフォメーション

     クックの紹介
   2007年12月22日                   我が家の家族となったクック
elves犬舎出身のエルブスっ子♪
ママはトライのエマちゃんです

最新の記事+コメント

お星様になった元気のHP

    元気 10歳の夏     

 2006年9月16日 2時15分      最愛の元気は、虹の橋のたもとへ

お星様になった勇気のプログ

          勇気 7ヶ月の初夏

 2007年11月20日 5時30分    短い生涯を終え元気が待つお空へ

日本ブログ村

ワンコ時計(庭編)

  

FC2カウンター

右サイドメニュー

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ワンコ服の手作りショップ

     オーダーメイドでもリーズナブル

ワンコの手作りセーター

  ワンコもぬくぬく

サプリ&おやつ

  親切な店長さんが相談にのってくれます

熱転写&レーザー彫刻

   愛犬の写真で思い出作り

ふぁ~ぐるみ

クックもソックリ!!

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。