三代目キャバリア クック参上

☆ お空の上にいる、勇気からのクリスマスプレゼント ☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの選択肢..血漿輸血 or ステロイド治療。

                     7月5日の出来事..

    朝、ふと目を覚ましたら、まだ4時台だったので、再び眠りに就いたけれど..
    土曜日の午前中は、病院が混雑するので、早起きをして、病院へ向かった。

 何?
                       【記事の続きは、追記を開閉してね】

             ケージに入れる時も、抵抗しなくなってしまった。

 素直

        約30分後、病院の駐車場に着いたら、また一番乗りだった。

 早すぎ

        受付に診察券を置いてから、駐車場のベンチで、暫し休憩..

        何?

               怠さのせいなのか、座っていられず..

 辛い

               EVの前にいた、キャバちゃん見っけ~♪

        いたね

              そのキャバちゃんは、好き好き太郎君~

 お~い

               犬嫌いの太郎君は、ちょいと迷惑そう。

 しつこい

             プードルの次郎君は、太郎君の付き添い犬。

        心配そう

          太郎君がいなくなって、やっと落ち着いたと思ったら..

        何かな

            隣りの席に座っていた、ワンコ達が気になる様子。

        デッカイ

         大きなゴールデン君と、後ろ足が不自由なフレブルちゃん。

        可愛いね

   約1時間後、主治医に呼ばれ、体重測定、検温、心音チェック、ウンPチェック。

 写真で

               点滴の準備中、不安そうに待っていた。

        まだかな

           点滴の最中、主治医の手が、優しく添えられていた。

        気持が通じ合い

   待合室に戻って、太郎君のママに、今の状態を話したら、クックを抱っこして..

 抵抗せず

         「病気なんかに負けちゃダメ、一緒に頑張ろうね~」って..

        ありがとう

              我が家に戻って、ぐったり横になっていた。

 お疲れ

  体重..6.86Kg 前日とほとんど変わりなし。 
  体温..平熱 
  心音..微かな雑音は、現状維持。
  腹部..緊張有

  2014年度..体重の変化
  12月27日..7.54Kg 1月6日..7.30Kg 1月10日..7.24Kg
  1月16日..7.54Kg 1月22日..7.50Kg 1月29日..7.50Kg 
  2月5日..7.34Kg 2月12日..7.58Kg 2月19日..7.66Kg
  2月26日..7.46Kg 3月5日..7.66Kg 3月12日..7.76Kg
  3月19日..7.80Kg 3月26日..7.74Kg 4月3日..7.70Kg
  4月10日..7.66Kg 4月16日..7.84Kg 4月23日..7.78Kg
  4月30日..7.88Kg 5月7日..7.78Kg 5月14日..7.72Kg
  5月21日..7.68Kg 5月28日..7.52Kg 6月4日..7.64Kg
  6月11日..7.18Kg 6月18日..7.06Kg 6月25日..6.98Kg

  朝ご飯を食べた後の体重変化
  6月26日..7.02Kg 6月27日..7.08Kg 6月28日..7.10Kg
  6月29日..7.16Kg 6月30日..7.00Kg 7月2日..6.76Kg 
  7月3日..6.68Kg 7月4日..6.86Kg 7月5日..6.84Kg

  点滴通い9日目。
  アルブミン値をあげる為に、二つの選択肢を言い渡された。

  血漿輸血
  血液を保存している病院で、血液の交差適合試験を受けて、
  クックに適合する血液、或いはドナーを探す。
  万が一、不適合輸血だった場合、10分以内に84%の赤血球が破壊され、
  命を落とす危険性がある。
  ドナーの質も落ちているらしく、その危険性も増しているらしい。

  適合する血液がない場合、ドナー待ちとなるので、輸血日が確定できない。
  その間に、症状が進行して、輸血を受ける前に、死んでしまう事もある。

  それに代わる、乾そう犬プラズマ血液製剤類(血漿企画製剤)は、製造中止。
  副作用がない代わりに、効き目が薄かったようで..

  ステロイド治療
  副作用があるので、最後の手段として、今まで頑なに拒絶していた。
  しかし、試してみなければならない、最後の手段となってしまった..
  長い間、ステロイド治療を行っていると、クッシング症候群などの副作用有。
  この先に起こるであろう、副作用を気にしている場合ではないかも..
  
  死に直結する可能性のある治療法を選ぶか、副作用のある治療法を選ぶか..
  その答えは、直ぐに出た。    
         
治るかな

                            

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

クックまま

Author:クックまま
勇気が、サンタクロースに託した   やんちゃでハチャメチャなクック
2007年9月18日生 7歳です!

クックは、いくつになったの?

  ☆やんちゃなクックも            7歳の誕生日を迎えました☆

キャバリアランキング

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

人気ブログランキング

              人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキングへ

インフォメーション

     クックの紹介
   2007年12月22日                   我が家の家族となったクック
elves犬舎出身のエルブスっ子♪
ママはトライのエマちゃんです

最新の記事+コメント

お星様になった元気のHP

    元気 10歳の夏     

 2006年9月16日 2時15分      最愛の元気は、虹の橋のたもとへ

お星様になった勇気のプログ

          勇気 7ヶ月の初夏

 2007年11月20日 5時30分    短い生涯を終え元気が待つお空へ

日本ブログ村

ワンコ時計(庭編)

  

FC2カウンター

右サイドメニュー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ワンコ服の手作りショップ

     オーダーメイドでもリーズナブル

ワンコの手作りセーター

  ワンコもぬくぬく

サプリ&おやつ

  親切な店長さんが相談にのってくれます

熱転写&レーザー彫刻

   愛犬の写真で思い出作り

ふぁ~ぐるみ

クックもソックリ!!

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。