三代目キャバリア クック参上

☆ お空の上にいる、勇気からのクリスマスプレゼント ☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステロイド治療26日目..血液検査の結果。

                     7月31日の出来事..

    毎夜毎夜、布団に行っても、なかなか眠れなくて、寝不足の日々が続く..
    出かける前に、お散歩へ行くと、後が大変なので、行きがけに公園一周~ 
    
 お早う
                       【記事の続きは、追記を開閉してね】

         植え込みの奥の方から、仔猫のような声が聞こえていた。

 ?

                 力強く引っ張るようになって来たよ。

 パチパチ

         「階段を下りよう~」って、誘ってみたけれど、断固拒絶..

 嫌だよ

        階段を下りて、公園一周しようと思ったのに、サッサとUターン。

 いいのだ

                  このまま、病院へ行くって..
                 
 まだ早い

      病院へ向かうには、まだ早かったので、いつもの場所でチッコタイム。

 休み

        約20分後、病院の駐車場に着いたら、既に1台止まっていた。

 8時頃

          病院の裏手で、チッコを済ませ、駐車場のベンチへ~。

 おやつ

     毎日通院するようになった時、おやつをあげたのが、癖になっちまった。

 不憫だし

         チャリンコ置き場の前に、こんな販売機が設置されていた。

        寄付出来る

        所定の位置に先客がいたので、ランディ君の隣りにお邪魔虫。

 すんません

          11歳のランディ君は、白内障の手術をしたんだって..

        1年前

               診察開始20分前に、主治医に呼ばれた。

        早いぞ

        体重測定などをしながら、血液検査の結果を説明してくれた。

 太ったぞ
 
              この時までは、ご機嫌が良かったのに..

        ルン

        点滴の針を刺した途端、「キャン」と鳴いて、怒りん坊に変身。

        プンプン

             昨日と同じ場所に、針を刺しちゃったようで..

        痛かった
     
         点滴を終えて、待合室に戻ったら、9時ちょい過ぎだった。
                 
 早すぎる

             点滴の直後に、チッコをすると、真っ黄色~!

        ビタミン

        いつものように、駐車場のベンチで、ご褒美のおやつタイム。

 頂戴

             帰り道、高〇平に寄ってから、我が家に戻った。

        お弁当屋さん

     お昼頃、(株)トレゾァさんから、お気に入りの水素水が、早々に届いた。

 来たぞー

          薬の写真を撮っていたら、そーっと現れて、フレームイン。

 入るぞ

     ベジサポ、おなか抗菌、消化酵素(エクセラーゼ)、下痢止め、肝臓の薬

 薬が増えた

                 お昼ご飯を食べて、お昼寝タイム。

 お休み

   アルブミンの数値は、安定して来たけれど、肝機能の数値は、信じ難き数値。

 ひぇー

  体重..6.52Kg やっと6.5Kg台に突入~。
  体温..平熱。 
  心音..微かな雑音は、現状維持。
  腹部..傷みや浮腫みなし。  

  ステロイド治療26日目。
  血液検査の結果
  ステロイド治療の成果で、アルブミンの数値が、1ポイント上がっていたけれど、
  肝機能の数値が、どれもこれも、信じ難き数値。
  ステロイドの恐ろしさは、重々分かっていたけれど、これほどまでとは..
  
  この数値を何度も見返して、果たしてこれで良かったのだろうか..
  ステロイドの治療を施した結果が、肝機能にダメージを与えてしまった。
  リンの数値も、僅かに上がり、腎機能にも影響を与えている。
  幸いな事に、クレアチニンと尿素窒素の数値が、基準値内なので、それが救い。
  
  アルブミンの数値が、1.2まで下がった時、ステロイドの治療を始めなかったら、
  クックの命の灯火は、消えていただろうか..?    

  タンパク質が、体内に取り入れられず、痩せ細って来た、背中を撫でながら、
  もっともっと、生きて欲しい..生きられるはずの命を、取り戻して欲しい。
  頑なに拒絶していた、ステロイドの治療をお願いした時、主治医の目に涙が..

  再び、主治医に問うてみた。
  あの時、ステロイド治療を始めなかったら、クックは死んでいましたか..?
  主治医の答えは...............確実に死んでいました。
    
  あの時の選択は、間違っていなかった。 
  そう自分に言い聞かせながら、今後の治療方針を聞いていた。    
     
  毎日の体重変化
  6月26日..7.02Kg 6月27日..7.08Kg 6月28日..7.10Kg
  6月29日..7.16Kg 6月30日..7.00Kg 7月2日..6.76Kg 
  7月3日..6.68Kg 7月4日..6.86Kg 7月5日..6.84Kg
  7月6日..6.75Kg 7月7日..6.60Kg 7月8日..6.68Kg
  7月9日..6.40Kg 7月10日..6.40Kg 7月11日..6.40Kg
  7月12日..6.40Kg 7月13日..6.14Kg 7月14日..6.24Kg
  7月15日..6.34Kg 7月16日..6.34Kg 7月17日..6.34Kg
  7月18日..6.46Kg 7月19日..6.39Kg 7月20日..6.30Kg
  7月21日..6.30Kg 7月22日..6.16Kg 7月23日..6.52Kg
  7月24日..6.44Kg 7月25日..6.38Kg 7月26日..6.48Kg
  7月27日..6.46Kg 7月28日..6.42Kg 7月29日..6.48Kg
  7月30日..6.38Kg 7月31日..6.52Kg
   
  とうとう、7月が終わってしまった。
  7月1日~7月31日までの1ヵ月間、毎日毎日、我が家と病院の往復..
  最初の頃は、早起きが苦痛だったけれど、今では習慣となってしまった。
  待つのが苦痛だった、病院の待合室も、居心地の良い休息の場と化した。
  若い飼い主さん、同年輩の飼い主さん、年上の飼い主さん..
  顔なじみの飼い主さん達と、慰め合い、励まし合い、そんな1ヶ月間を過ごした。    

  別れ際の「またね~」は、お互いのワンコと、生きて会える事を意味している。
                       
良き時間

                            

                               

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

クックまま

Author:クックまま
勇気が、サンタクロースに託した   やんちゃでハチャメチャなクック
2007年9月18日生 7歳です!

クックは、いくつになったの?

  ☆やんちゃなクックも            7歳の誕生日を迎えました☆

キャバリアランキング

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

人気ブログランキング

              人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキングへ

インフォメーション

     クックの紹介
   2007年12月22日                   我が家の家族となったクック
elves犬舎出身のエルブスっ子♪
ママはトライのエマちゃんです

最新の記事+コメント

お星様になった元気のHP

    元気 10歳の夏     

 2006年9月16日 2時15分      最愛の元気は、虹の橋のたもとへ

お星様になった勇気のプログ

          勇気 7ヶ月の初夏

 2007年11月20日 5時30分    短い生涯を終え元気が待つお空へ

日本ブログ村

ワンコ時計(庭編)

  

FC2カウンター

右サイドメニュー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ワンコ服の手作りショップ

     オーダーメイドでもリーズナブル

ワンコの手作りセーター

  ワンコもぬくぬく

サプリ&おやつ

  親切な店長さんが相談にのってくれます

熱転写&レーザー彫刻

   愛犬の写真で思い出作り

ふぁ~ぐるみ

クックもソックリ!!

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。