三代目キャバリア クック参上

☆ お空の上にいる、勇気からのクリスマスプレゼント ☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容態急変..クック、天国へ旅立つ。

                     今日の午前3時半頃..

    昨年の4月から、病気と闘っていた、愛しいクックが、天国へ旅立ちました。
    
 具合悪し
                       【記事の続きは、追記を開閉してね】

  我が家に戻り、足を洗った後、クッションの上で動けなくなり、蹲っていたので..

 足が変だね

           病院に電話を入れて、待合室に着いたら、グッタリ..

 落ちそう

        背中のレントゲンを撮ったら、背骨の異常は、以前と変わらず..

 チッコは葉酸多し

             足が滑らないように、タオル等を置いてくれた。

        立てるかな

         この時、目は虚ろだったけれど、意識はハッキリしていた。

 平気だもーん

        まさか、治療中の病気ではなく、脳神経の病気だったなんて..

 おくつろぎ

   呼吸が落ち着いていたので、我が家に戻ったけれど、再び病院へ向かった。

 駄目だ

      ここから下の画像は、最後まで病気と闘った、クックの懸命な姿です。

 硬直

                  パパにお水を貰っています。

 飲めるかな

                     まずは、点滴を開始。

 ガンバ

       主治医とS医師、パパと私の呼びかけに、ちゃんと反応していた。

 おーい

                    目つきが変わって来た。

 聞こえないかな

                      酸素吸入器。

 ちっちゃい

                   瞼が閉じなくなって来た。

 目薬

           瞬きの回数が少ないので、瞳に幕が掛かって来た。

 目薬さし

                  表情だけは、いつもの顔だね。

 ラッキー

         持病ではなく、脳神経の病で、発作が始まり、全身が硬直..      
                              
 苦しそう

               小さな注射器で、お水を補給してあげた。

 飲めるかな

             大きな声で呼びかけると、耳がぴくぴく反応..

 聞こえている

       脳神経の病で、苦しい思いをさせるなんて、思ってもいなかった。
                    
 ごめんよ

            不規則に発作が起きて、全身の硬直が始まった。

 ...

            発作が起きる度、前足のパイプから、薬を注入..

 おさまった

             私達の呼びかけにも、反応しなくなって来た。

 ..

                  まだまだ、逝っちゃ駄目だよ。

 7歳なのに

                 ママとパパを、置いて行かないでよ。

 待ってよ

          発作が治まっているうちに、我が家へ連れて帰る事に..

        image21467.jpg

          定位置のケージの上に乗せて、我が家へ急いで帰った。

 ガンバ

      我が家に着いて、ベットに寝かせた途端、呼吸が静かになって来た。

 逝かないで

              呼吸が遅くなって、ついに止まってしまった。

 DSC05309_201410131136193ca.jpg

             パパが頭を撫でながら、「クー起きろ~」って..

 DSC05310_201410131136181a6.jpg

              パパが心音を確かめて、心音停止を告げた。

 逝っちゃった

       クックとパパとママが、我が家に帰るまで、命を繋いでくれたのね。

 ありがとう

          献身的に治療を施してくれた、主治医とS医師の元へ~

        ただいま

      主治医とS医師が、全身キレイにしてくれて、まるで眠っているよう..

 良かったね

       初めて見た時に、思わず笑ってしまった、川が流れる背中模様。

 もう見られない

           クックの亡骸に、優しく頬を寄せて、泣き崩れていた。

 起きたよ

            主治医もS医師も、目を真っ赤にして、泣いていた。

 ありがとう~って

       3ヵ月間、毎日、毎日、診察を待っていた、クックと私の定位置..

 良く通ったね

      フレブルのリキ君と、仲良しになれて、毎日会うのが楽しみだったね。

 守り隊

           クックを抱いて、夜明け前の縄張りを、歩いて帰った。

        昨日の朝歩いたね

          毎日歩いていた、公園の前で、笑顔になったような..
 
 帰ったよ~

      7年間、一緒に過ごした、パパとママとクックの家に、帰って来たよ。

 眠っているよう

  まさか、こんなに早く、クックとの別れが来るなんて、思ってもみなかった。
  治療中の病気の他に、脳神経の病気があったなんて、今まで気づかなかった。
  治療中の病気が原因で、死んだのなら、まだ納得出来るけれど、
  隠れていた脳神経の病気が、今になって、突然現れるなんて、信じられない。
 
  まだまだ、クックと一緒に、沢山の思い出を作りたかったのに、二度と叶わぬ夢.. 
  12月の家族記念日とクリスマスだけは、どんな形であれ、一緒に迎えたかった。
  
  勇気が死んで、たった1ヶ月後..
  楽しいクリスマスを迎えて欲しいと、ブリーダーさんが連れて来てくれた。
  ハッキリクッキリ、今とほとんど変わらない、ちっちゃなクックが、私に甘えて来た。
  ぬいぐるみにはない、生きている温もりを、肌で感じて、感動すら覚えた..
  
  クックと過ごした、長くて短い7年間。
  色々あったけれど、笑いを運ぶクックに、深く傷ついた心を、何度も癒して貰った。
  クックのような、活発で優しいキャバには、もう二度と会えないであろう。
 
  病院の先生達、スタッフさん達に、大事にされながら、闘病生活を続けてきた。
  かけがえのないワンコ友達を失ってから、生きる気力を失くしたように思える。
  ワンコには、ワンコにしか分からない、大切な絆があるのかもしれない。

  13日~14日まで、菅平高原の更に上にある、峰の原高原に行く予定だった。
  勇気の妹、ココロちゃん、パパ&ママと、6年振りに会う予定だったのに、
  台風が直撃すると言うので、やむなく中止..
  クックがこんな風になる事を見通して、お空の住人が、台風を運んだのだろうか。

  クックの足音が聞こえない、クックの息づかいが聞こえない。
  クックのため息が聞こえない、クックのチッコの音が聞こえない、
  クックのウンPの音が聞こえない、クックの要求吠えが聞こえない。
  クックの水を飲む音が聞こえない、クックの姿が見えない。
  クックの視線が感じられない、クックのどたっと言う音が聞こえない。

  クックを失った私は、これからの人生を、どう生きて行けば、よいのだろうか?
  クック.....................パパと私の元に、帰って来て~!
   
  本日、午後7時半から、板橋区の斎場で、お空の住人達に、クックを送り届ける。

バイバイまたね~

                            

                         

Comment

NoTitle

先代のキャバリアを10年の闘病で、空へ送りました。
大事に大事に心から愛してたから、
突然、投薬も通院も無くなって、
息づかいも気配も、
あんなに毎日追われた掃除も無くなって、
寂しくて寂しくて、
ネットの中に面影を探している時、勇気君に出会いました。
勇気君とのお別れに、再び悲しむことになってしまいましたが、
クックちゃんとの出会いに救われたのは、私も同じでした。
クックままさんの3キャバズは、どの子も抱えきれないほどの愛に包まれています。
身体が弱ってくると、隠れていた病気が出てくるのは有ることです。
どうぞご自身を責めないで下さい。
キャバリアは甘ったれさんで可愛いのですが、
お家に迎える時には必ず保険に加入もしましょうと言われる犬種です。
覚悟していても後悔に苛まされているキャバ友は多いです。
どうかどうか、クックままさんは後悔に捕われないで下さい。
元気君にも、勇気君にも、クックちゃんにも、
幸せだったよって言ってもらえるほど、
沢山の愛を注がれたと思います。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
  • posted by まあ
  • URL
  • 2014.10/14 18:40分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2014.10/14 10:58分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2014.10/14 06:59分
  • [Edit]

どうして・・・

みちのく湖畔公園であんなに元気だったのに。
呆然としています。
まだ言葉が見つかりません。
天国で、2人のお兄ちゃんと会えますように。
  • posted by 仙台のチャーリードリス
  • URL
  • 2014.10/14 05:35分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2014.10/14 01:12分
  • [Edit]

涙が止まりません

初コメで失礼します。

涙が止まりません。
クックちゃん、あんなに可愛いくて、きれいなお顔で、ただただ寝ている様で…
まさか今治療中の病気とは全然違う病に冒されてたとは、クックままさん、ぱぱさん、主治医の先生もわからなかったのですね。
クックちゃん本犬もわからなかったのでしょう。
本当にお辛い。
ついさっきまで元気だったのに、急変したのですね。
ワンコの病気は急変すると本当に早い!早過ぎる!

うちも8ヶ月前に8歳9ヶ月のキャバリアを心臓病で亡くしました。やはり、容態急変で…

心からご冥福をお祈りいたします。

でも、3ヶ月間、毎日通院お疲れ様でした。
クックちゃんはいい子だから、まま、ありがとうって言ってますよ。
クックままさんがクックちゃんの事を想う時、いつも傍らにクックちゃんがちょこんといるんでしょうね。

今頃は虹の橋のたもとで、元気ちゃんと勇気ちゃんと一緒にままさんとぱぱさんを待ってますよ U^ェ^U

…今も私、泣いてます…
  • posted by ちゃぴまま
  • URL
  • 2014.10/13 23:58分
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2014.10/13 23:03分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

クックまま

Author:クックまま
勇気が、サンタクロースに託した   やんちゃでハチャメチャなクック
2007年9月18日生 7歳です!

クックは、いくつになったの?

  ☆やんちゃなクックも            7歳の誕生日を迎えました☆

キャバリアランキング

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

人気ブログランキング

              人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキングへ

インフォメーション

     クックの紹介
   2007年12月22日                   我が家の家族となったクック
elves犬舎出身のエルブスっ子♪
ママはトライのエマちゃんです

最新の記事+コメント

お星様になった元気のHP

    元気 10歳の夏     

 2006年9月16日 2時15分      最愛の元気は、虹の橋のたもとへ

お星様になった勇気のプログ

          勇気 7ヶ月の初夏

 2007年11月20日 5時30分    短い生涯を終え元気が待つお空へ

日本ブログ村

ワンコ時計(庭編)

  

FC2カウンター

右サイドメニュー

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ワンコ服の手作りショップ

     オーダーメイドでもリーズナブル

ワンコの手作りセーター

  ワンコもぬくぬく

サプリ&おやつ

  親切な店長さんが相談にのってくれます

熱転写&レーザー彫刻

   愛犬の写真で思い出作り

ふぁ~ぐるみ

クックもソックリ!!

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。