三代目キャバリア クック参上

☆ お空の上にいる、勇気からのクリスマスプレゼント ☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更..主治医を責めても..

                   今日は、晴れ時々曇り 

     遠出など出来ないので、以前から欲しかった物を、買いに行く事にした..

 お出かけだい
                       【記事の続きは、追記を開閉してね】

                 ケージの中は、以前のまま..

        洗ったよ

    首都高下の交差点から、お散歩コースだった、ロータリー歩道橋が見えた。

 見えた

         1月11日、デッカイ口を開けて、ベンチに乗っかっていたね。

 この日が最後

           あの日の夜、この橋を渡って、斎場へ向かったっけ..

        泣きながら..

   ベットに寝かせた、クックの亡骸を、ケージの上に乗せて、ナデナデしながら..

 ..

           突き当りの道を左折すると、戸田斎場が見えて来る。

 右折すると戸田橋

       私は、斎場に入りたくなかったので、入口の手前で、独り車を降りた。

 あの日は真っ暗

      斎場の縁を歩いていたら、建物が見えたので、思わず入ってしまった。
       
 お馬鹿なのだ

            9月7日、仲良しだった、フィーちゃんのお見送り..

        親戚さんだった

        フィーちゃんもクックも、天使に見守られて、天に昇って逝った。

 寂しい

           フィーちゃんのママ達が、なかなか来なかったので..

        遅いのだ

             荒川沿いの土手道まで、行ってみる事にした。

        早く

   パパの傍らで、尻尾を振りながら、振り返り振り返り、トンネルを抜けて行った。

 いつもそうだもんね

            パパにクックを任せて、私は斎場に戻って行った。

        行ってらっしゃい

         この日と同じように、トンネルを抜けて、荒川の土手へ~。

        行くよ

        パパの傍らにクックがいない、二人だけの散策は寂しすぎる。

        辛いっす

             パパとクックが歩いた、同じ道を歩いて行った。

        クックいるかな

              秋晴れの空の下を、一緒に歩きたかったね。

 残念..

              この階段を上って、土手道に行ってみよう。

 大好きだったね

        荒川沿いの土手道から、戸田ボートレース場の橋が見えた。

 レースを見たね

             ポツンとあった、ベンチに座って、対岸を望む。

 公園見えたかな

         クックが生きていたら、きっと「ボール遊びしようよ~」って..

        イイ場所だね

         開放的な空間と、適度な木陰もあって、絶好の遊び場所。

        遊びたかったね

          どうしても、フレームが立たなかったので、こんな事に..

 トンネルの上

         この坂道が、記憶に刻まれるなんて、思ってもいなかった。

        悲しい

              写真のクックは、ニコッと笑っているけれど..

 可愛いね

    倒れたフレームの場所で、パパに抱っこされながら、私を探すクックがいた。

 望遠

          坂道の下で待つ、私を見つけて、全速力で走って来た。

        ダッシュ

     私の元に着いた途端、「何処にいたんだよ~」って、怒りの雄叫び~!

 ごめんよ

     やっと、快適な季節が訪れたのに、クックとお散歩が出来ないなんて..

 寂しいな

                 秋晴れの空が、憎らしく見えた。

 いるかな..

         ペットの斎場は、戸田斎場の片隅に、ひっそり立っている。

 小さいのだ

              主のいないケージは、空っぽの心と同じ..

 そこに居たのに..

    たった一度だけ、クックも一緒に行った、蕨市にある、ヤオコーで買い出し..

 DSC05915_20141103180506fef.jpg

       戸田橋の上から、ケーヨーD2の近くにある、ゴミ焼却炉が見えた。

 お弁当を食べたね

       国道17号線を走っていたら、新河岸川に架かる橋が見えて来た。

 思い出す

            この橋を渡りながら、在りし日のクックを思い出し..

 笑えた

    1月26日、新河岸川の縁を歩いて、橋の手前に着いたら、ビビリンチョ~!

 へっぴり腰

               「歩きたくないよ~」って、断固拒絶。

        始まった

               パパの脚の間から、私に助けを求め..

        助けてよ

   そんなクックを見て、通行中のおばさんが、励まし続けたら、やっと歩き始めた。

 笑えたね

              新河岸川沿いの遊歩道が、チラッと見えた。

        懐かしい

           桜の季節に歩きたかったのに、夢と化してしまった。

        悲しいね

                怖いもの見たさで、高い塀を見上げ..

        これが最後

           クッたん、後ろに見えるのは、縄張りの遊歩道だよ。

 見えるかな

  心の痛みを堪えて、ペット火葬板橋へ行ったのは、ペンダントが欲しかったから。

 私の

     キーホルダーに入れた、2個のちっちゃな骨を、ペンダントに移し替え..

 いつでも一緒

  今更、主治医を責めても、それは間違いだと、私にもわかっている。
  ステロイドの治療を始める前、今後の治療方針、ステロイドの副作用の事を、
  納得いくまで、説明して貰わなかった、飼い主の私に責任がある事も..

  6月下旬のある日、アルブミンの数値が、1.2まで下がった時に、
  ステロイドの投与をしなければ、死んでしまいます..と言われ、頭が混乱..
  他の治療法もあったけれど、それを待っていると、死んでしまう可能性もあり、
  毛嫌いしていた、ステロイドの投与を受け入れてしまった。

  死にます..と言われたのは、クックが初めてではないけれど、
  それでも心が揺らぎ、冷静さを失い、すがる思いで、投与を受け入れた。
  その現場にいてくれた、フィーちゃんママだけは、私の心情を分かってくれている。
  自分自身で自分を許す事が出来たら、主治医への憎悪も消えていくと思う..

  何を思われても、何を言われても、その人がそう感じたのだから、それでイイ。
  けれど、私と同じ立場に立った時、冷静さを失わずに、対処できるかどうか..?    
  
  時が戻せるなら、1年半前の診察室に戻って、鳴き叫んだ原因を調べてほしい。
  
疲れた..


 
 

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

クックまま

Author:クックまま
勇気が、サンタクロースに託した   やんちゃでハチャメチャなクック
2007年9月18日生 7歳です!

クックは、いくつになったの?

  ☆やんちゃなクックも            7歳の誕生日を迎えました☆

キャバリアランキング

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

人気ブログランキング

              人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキングへ

インフォメーション

     クックの紹介
   2007年12月22日                   我が家の家族となったクック
elves犬舎出身のエルブスっ子♪
ママはトライのエマちゃんです

最新の記事+コメント

お星様になった元気のHP

    元気 10歳の夏     

 2006年9月16日 2時15分      最愛の元気は、虹の橋のたもとへ

お星様になった勇気のプログ

          勇気 7ヶ月の初夏

 2007年11月20日 5時30分    短い生涯を終え元気が待つお空へ

日本ブログ村

ワンコ時計(庭編)

  

FC2カウンター

右サイドメニュー

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ワンコ服の手作りショップ

     オーダーメイドでもリーズナブル

ワンコの手作りセーター

  ワンコもぬくぬく

サプリ&おやつ

  親切な店長さんが相談にのってくれます

熱転写&レーザー彫刻

   愛犬の写真で思い出作り

ふぁ~ぐるみ

クックもソックリ!!

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。