三代目キャバリア クック参上

☆ お空の上にいる、勇気からのクリスマスプレゼント ☆

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無力なママを..許してね。

                  今日も、冷たい雨降り 

  今日は、降り続く雨の中、写真用紙を買いに行こうと、近くの量販店に向かった。

 2014年1月22日 病院へ
                       【記事の続きは、追記を開閉してね】

        クックが死んでから、雨降りの日でも、歩くようになっちゃった。

 家に居られないから

           お散歩道を歩いていると、元気な頃のクックに会える。

 2014年2月1日

             さすがに雨の日は、だ~れにも会えないね。

 おじさんもいない

         このお立ち台に乗っかって、色んな表情を見せてくれたね。

 威張りん坊が多かったかな

             このまま、真っ直ぐ歩いて、目的地へ行こう~。

 何処かな?

       この日は、行き先を言わなかったのに、目的地が分かっていたね。

 あそこだよ

      チョー大型のトレーラーが曲がって来たら、前に進めなくなっちゃった。

 ビビリンチョー

         この歩道に、クックがいないなんて、今でも信じられない。

        image23176.jpg

           「赤塚公園」に向かって、大張り切りで歩いていたよ。

        尻尾フリフリ

    コ〇マデンキって、愛想もなく、活気もなく、不親切で、お客に挨拶もしない。

 着いたよ

      販売機の飲み物を買っていたら、「遅いぞ~」って、怒られちゃった。

 すんません

    安物の写真用紙を使ったら、あまりにも写りが悪いので、メーカー品を購入。

 プリンターと一緒

   弁〇士事務所から、エクセラーゼの不足はないので、今後は応じられないと..

 レターパックの代金も受け取り拒否

       クッたん、医療ミスで訴える事も出来ない、無力なママを許してね..

 ごめんね..

  ****************************************************

       昨年の1月22日は、週に一度の点滴を受ける為、病院へ向かった。

 我が家の駐車場にて

        いつものように、フィーちゃんちの手前で、ちょいと威張りん坊主。

 自分を誇示

       病院の待合室に着いて、先に来ていた、はっちゃんにご挨拶~♪

 嗅いでやる

    クックの主治医だけでなく、ほとんどの獣医が、患者と同じ目線にならない。

 何故?

        患者の表情も見ないで、その日の体調が分かるのだろうか?

        目も合わせない

    リパーゼの数値が、良かろうが、悪かろうが、点滴の回数も量も同じだった。

 怠慢治療

  この頃は、リパーゼが基準値だったので、点滴を終えると、プンプン怒っていた。

 痛いぞー

      「はっちゃん、大丈夫かな?」って、心配そうな顔で、振り返っていたよ。

 大丈夫だよ

        ママが戻って来た、はっちゃんの後ろ姿を、そっと見つめていた。

 良かったね

      ケージの上に乗った途端、「おやつ頂戴よ~」って、催促の雄叫び~。

 食欲満点

        川〇街道沿いの病院の前で、信号待ちの間に、おやつタイム。

 食べるぞー

             帰り道、ケージの上で、スヤスヤ眠っていたよ。

 DSC00114_20150122193536c28.jpg

  獣医の責任とは..
  患者の病気と向き合い、最善の治療を施して、小さな命を救う、責任がある。
  獣医の義務とは..
  愛する家族を失った、飼い主の心のケアを施す、義務がある。
  (これは、私個人の見解も入っている)

  そして、自分の治療ミスが原因で、患者を死なせてしまった場合、
  獣医である前に、一人の人間として、飼い主に謝罪すべきである。
  そうすれば、獣医に対する、憎悪の気持ちも、少しは和らぐであろう..

  明らかに、医療ミスだと分かっているのに、クックの主治医は、謝る事さえしない。
  多分、自分が施して来た治療は、間違いだったと分かっているはすだ。
  何故なら、クックの容態が急変した時に、かなり慌てた様子だったから..

  あの日の2日前、軽井沢旅行を中止したと伝えた時、「行けばいいのに」って。
  クックの容態を、きちんと把握していたら、こんな言葉は出なかったはずだ。
  あの日の2日前、弱り切っていた体から、血液を抜いて、血液検査を実施..
  その結果、白血球が5万以上あったので、それを追求したら、大丈夫だからって。
  白血球が増えた理由を、ネットで調べて、尋ねたのに、答えをはぐらかす始末..

  そして、あの日、アルブミン値が上がらないからと、クックの顔色も診ないまま、
  私の了解も得ないまま、増量したステロイドを、無造作に打ってしまった。
  その日の午後、クックの容態が急変して、病院へ運び込んだ時..
  真っ赤に染まった、チッコシートを持参したら、慌てふためいて、レントゲン検査。
  真っ黒に写った、膀胱の様子を見て、「一昨日はキレイだったのに」って..
  ぐったりしていた、クックの体をひっくり返したり、エコー検査をしてみたり、
  クックの容態を把握していたら、こんな検査などしなくても、分かっていただろう。      

  あの日の事で、ふと思い出した事がある。
  それは、人間として、獣医として、考えられない行為だった。

  〇〇会社の〇護士に守られて、あぐらをかいているから、
  獣医としての責務を忘れ、患者の命を尊む気持ちを、失くしてしまったのだろう。

  弁〇士事務所から、送られて来た書面を読んで、新たな憎悪が湧いて来た。
  クックの命を救えなかった、馬鹿な飼い主の無力さを、改めて実感..
  ホントは、側にいるはずだった、クックの写真に向かって、謝る事しか出来ない。

  クッたん、評判の良い病院が、直ぐ側にあったのに、連れて行かなくて、ごめんね。

久し振りに大泣きした



                 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by
  • 2015.01/23 02:44分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

クックまま

Author:クックまま
勇気が、サンタクロースに託した   やんちゃでハチャメチャなクック
2007年9月18日生 7歳です!

クックは、いくつになったの?

  ☆やんちゃなクックも            7歳の誕生日を迎えました☆

キャバリアランキング

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

人気ブログランキング

              人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキングへ

インフォメーション

     クックの紹介
   2007年12月22日                   我が家の家族となったクック
elves犬舎出身のエルブスっ子♪
ママはトライのエマちゃんです

最新の記事+コメント

お星様になった元気のHP

    元気 10歳の夏     

 2006年9月16日 2時15分      最愛の元気は、虹の橋のたもとへ

お星様になった勇気のプログ

          勇気 7ヶ月の初夏

 2007年11月20日 5時30分    短い生涯を終え元気が待つお空へ

日本ブログ村

ワンコ時計(庭編)

  

FC2カウンター

右サイドメニュー

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ワンコ服の手作りショップ

     オーダーメイドでもリーズナブル

ワンコの手作りセーター

  ワンコもぬくぬく

サプリ&おやつ

  親切な店長さんが相談にのってくれます

熱転写&レーザー彫刻

   愛犬の写真で思い出作り

ふぁ~ぐるみ

クックもソックリ!!

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。